すべての遊楽者たちへ

未知なる「眠っているお宝」を見つけるトレジャーハンターのブログ!

「メルカリ アッテ」でつくった物々交換コミュニティでモノの交換、レンタルを実践してみた そして対談もしたぜ!〜part2 モノのレンタル交換とインタビュー対談〜

どーも!貴継(たかつぐ)です!

 

今回は前回の対談の続きだ!

yugakusya.hatenablog.com

 

といっても、だいぶ時間が経ってしまったけども(焦) 

文字起こしに真面目になりすぎた...

全部起こそうとしなくてもいいワケで、

最初から要点だけまとめて起こしておけば、

こんなに時間がかからなかったのに(汗)

 

「アッテ」内での交流の結果、

記念すべき第一回目の交換は

漫画を一週間だけの期間レンタルし合う

というものになった!

 

 

しかし、この規模のことであれば、

TwitterのDM(ダイレクトメッセージ)でのやり取りでも可能だろう!

だが、最初の一歩として「アッテ」でやりとりするということこそが

意味のあること

 

小さな一歩から、ドンドン進めていこ〜!

 

ってなことで、

5/13(土)に

なおぽんさん

twitter.com

 

と10:00に天神駅で待ち合わせ!

 

f:id:yugakusya00X:20170519181320j:plain

 

そして二人とも到着!

(あああ、相手方の写真撮り忘れた...!

ここで証拠写真を撮らないとダメだよな...

ブログの腕の未熟さを思い知らされるね...)

 

俺っち(以下:俺)「どうもどうも、こんにちは」

なおぽんさん(以下:な)「こんにちは〜」

 

現在は学生さんです!

ご本人はブログやSNSアイコンの通りの風貌の方でしたぜ

 

ココナラ

coconala.com

 

で、イラストレーターさんに実物に似せてもらうように

書いてもらったのだそう

naopon-blog.com

 

俺「それじゃ〜、交換と対談する場所を決めましょ〜!」

な「どこにしましょうか〜

  コーヒーとか飲めるところがいいですね」

俺「福岡天狼院なんかどうっすかね?コーヒー飲めますよ」

な「天狼院にしましょうか」

 

福岡にある最近気にいっている書店だ

今度記事にするぜ〜!

 

10:30頃に行ってみたが、

12:00からの開店だった...

 

オーノー

 

俺「ど〜しよ...」

な「スタバにしましょう!」

俺「そ〜しましょ〜!」

 

天神のスタバにて

 

ここでモノを交換!

 

 

お互い今回はマンガのレンタルということになったけども、

まずは俺っちの持ち物

 

AQUA全2巻

ARIA全12巻

f:id:yugakusya00X:20170522175000j:plain

f:id:yugakusya00X:20170522175006j:plain

 

 

 

 

 

 なおぽんさんの方は、

瀬戸の花嫁16巻分

f:id:yugakusya00X:20170522174951j:plain

 

後に家に帰って撮影したものだけども、

実物だ!

f:id:yugakusya00X:20170522183629j:plain

 

これをしばらくの間交換!

 

そして、

ここから、お互いにお話しすることになる!

 

ちょっとした対談を記事にしていくぜ〜!

 

※全部で4時間の長時間対談になった今回!

自分があまりにもおしゃべりなもんで....

そのすべてを文字に起こすのはあまりに大変だったので、

重要なところだけ抜粋しますゥ!

 

 

以下対談:

 

俺「まずね〜やっぱり、(物々交換)コミュニティを拡充したいって言う」

な「物々交換したいっていうのは、面白いと思う人も多いだろうから、いいとおもい ますよ〜」

俺「面白いっていうのもどうですけど、景気の問題でそうする必要がでてくるっていう話もあってね〜」 

な「一人で所有するよりもシェアする形の方がいいって言う人も増えて来てますよね」

俺「一人だけでアレもコレも持つ必要はないからね〜、例えば、今、自分も釣りをしたいんだけども、釣り竿を持っていなくてね(笑)

ジモティーとかメルカリ アッテとかで交換できればいいんだけどね〜

な「ジモティーは使ったことがないですね

  あとメルカリ アッテは使っている人が少ないのがネックですね

 まあ漫画みたいな本とかも自分の部屋に全部置いておかなくてもいいんじゃ?

 と思う時もありますもんね〜」

  

俺「自分の持っている本をシェアできる図書館みたいな場所をつくれたらいいんじゃないのかね〜と思う!

お金にしても、ビルゲイツとかザッカーバーグが何兆円も持っている必要あるのかな?

と感じてしまうもんねぇ」

 

俺「今は物々交換したい人の 交流をどうやって作っていくかを考えているんだけど、

悩みどころだねぇ

SNSで呼びかけるか、ジモティーとかメルカリ アッテで呼びかけるか...

けど、正直ジモティーやアッテで関わってくれる人ってそんなに多くないんだよなぁ」

な「う〜ん、そうですねぇ」

俺「例えば、気軽に釣りに行こうぜ!っていうものだったら人が来てくれるのかも知れないけども、専門的で、ディープな内容のものになる程、集まってくれるのか疑問に思ってしまう時があるねぇ...

物々交換しようぜ!っていうのも怪しいものだと思われてるかも....」

 

〜ここで不安を感じてしまった俺っち

引くな!逃げるな!怖がるな!

やってみなくちゃあ、分からねぇだろ!

(と、必死に自分に言い聞かせるが...)〜

 

俺「アッテで実験的につくってみたけども、アッテでやる意味がうまく伝わらないと

  中々参加してくれんよねぇ」

  あと、モノの交換も、都会と田舎じゃできることも違ってくるしねぇ

  今、福岡で実践するか、元々移住するつもりのもっと田舎の土地で実践するか

  迷ってるんだよねぇ」

 

〜そう、迷っているんだよ

この時も、今も、これからどうするのか....?

 

中途半端にグダグダとしている自分がもどかしい

 

悩むだけで時間が過ぎていって、成長ができていないのが分かっているからね 

 

 

な「対談だけど、ぼくのこと全然しゃべってないですね〜」

俺「あああああ、ごめんなさい!自分がおしゃべりなもんで...!

  ではそちらから、どうぞ!」

な「ユーザー名の由来とかは何かあるんですかね?」

俺「コミュニティを重視した活動をしていきたいんだけども、

  昔のコミュニティ=共同体の維持を司っていた人たち、

  大きく言えば貴族や武士みたいな、貴(たっと)いとされていた

  立場の人たちの役割を継承する、継ぐという意味合いを持たせましたねぇ」

な「なるほどぉ」

 

俺「そういえば、SNSを通じた出会いって自分は今回が初めてなんですよ!」

な「ほお、ぼくもこのアカウントでは初めてですね」

 

俺「ブログも今月から本格的なスタート!

物々交換をして早10年!みたいな年期やノウハウがあるんだったら、その仕事をバンバンこなしてるんだろうけども、今月からだもんねぇ(笑)」

 

〜まだ、一抹の不安を抱えているのが分かる俺っちの発言の連続よ(涙)〜

 

俺「いま、釣りもしたいんよねぇ、釣った魚を活用して、メルカリ アッテなんかで

 金銭で販売してもいいし、モノとの交換でもいいし」

 

な「ほお〜」

俺「アッテで直接会って、手渡ししたほうがいいのかも知れないし、その魚をさらに料理したものを交換にまわした方がいいんだと思うんだよねぇ
魚そのものを生のまま売るのはちょっとねwww」

な「すごい、超原始的ですもんねwww」

俺「(笑)それでもいいんだけど、加工した方が、交換する時の付加価値がつくしね

 なるべく高いものと交換したいしね

 考えているのは、釣った魚で猫ちゃん用のキャットフードを自作してみたらどうかなって

ただ、猫ちゃんは食べちゃいけないものも多いみたいで、それに配慮しないとイケナイから、独学で勝手に作ったものは提供する自身がないから、監修できる人と協力したいね

あとは、保存食もつくってみたいね

需要はあると思うからね

本当はそれを、もっと田舎の方でイノシシやシカの肉をつかって実践しようと思って、去年に福岡とは別のもっと田舎の方へ移住しようとしてたんだけどね
狩猟免許も取得したし」

な「ほお〜」

俺「ただ、まだ福岡市でできることがないかなと思って、すぐに移住をするには至っていないんだよね」

 

 

グダグダしまくっている自分の情けなさよ....

 

 

俺「これから、小商いっていうんだけども、ライター収益、ブログ収益と

さっき言った物々交換、釣り、狩猟...と、複数の仕事を組み合わせて

活動するのがいいと思ったね

たとえば、はてなブログでブログ運営していたのに、急にはてなが閉鎖するかもしれないし、閉鎖しなくても、自分の方が閉め出しを食らうかも知れないし(笑)

今のところはライターの収益が軸になっているけれども、段々と、他の仕事の比率を上げていきたいね」

 

な「ううむ、ライターだけでは将来的にはキツいですもんね」

 

俺「稼ぎ方もトリッキーじゃないとね

  一つの仕事だけにとらわれないようにしないと」

 

俺「って、今日しゃべりすぎて喉が痛くなった(笑)

いつも、おしゃべりなんですよ!

なんか、スミマセン(汗)」

 

そう、今回の対談、俺っちのしゃべっている比率がやたらと高くなってしまったのだ!

 

 

俺「なおぽんさんは逆に今日、あまりしゃべらないのは不満ですか?」

 

な「ああいや、ぼくはいつも聞き手になることが多いので、あまり自分からしゃべろうとか答えようとかはしないで、言われたら答えるような感じなので(笑)

機械的な感じになってしまいますね〜

しゃべらない人相手だったら自分から話しますけどね

沈黙されるのは困るんで(笑)」

 

俺「そういえば、プロフィールアイコンと実際の顔が似ていますね

アイコンと本当の顔が全然違う人もいますからね(笑)」

 

な「僕がイラストを描いてくださった人に指定したんですよ

自画像を描いて、だいたい自分のイメージ像に合うようにしてもらって

そこらへん、詐欺にならないようにと思いますね」

 

俺「自分の格好も視覚作用というか、目につくようにと思って」

 

〜よく読まれるブログを書くには、という話題に入る 〜

 

俺「物々交換もごく一部のマニアックな人の活動にしないで、

多くの人の日常の生活の一部にしていけるような、価値の発信をした方がいいと思いますね

雑記ブログにするか、物々交換の専門ブログにするかも今後の課題ね」

 

な「雑記で活動している人も多いですよね

 ただ、一部の人向けのニッチな話題も受けると思いますけどね〜

 何やってんだコイツ具合を押し出すとか(笑)

 それをしていく方がいいかも」

 

俺「万人に受ける記事と、ニッチな一部のマニアックな人向けの記事を

  両方書ければいいんだけどね〜」

 

な「それ、メッチャ強いですね(笑)」

 

俺「うん、メッチャ強いよね(笑)」

 

俺「4時間も話しましたね!

  今回はここでお開きということにしましょうか!」

 

 

という、内容の対談でした!

 

なおぽんさん、対談メッチャ楽しかったです!

ありがとうござました!

 

というか、自分の方がかなり、おしゃべりすぎた感じが強いかもしれませんが(焦)

 

 

警固公園で二人で撮影した写真もあったのだけども、

自分の加工技術が追いつかなかったので、

なおぽんさんだけを撮影した写真をアップします

(首から下だけになります!)

f:id:yugakusya00X:20170531202501j:plain

 

後日、両方のモノを返却した後に、福岡天狼院で撮影した写真です

 

 

なおぽんさん、ご協力大変ありがとうございました!

 

 

今回はこれまで!

 

いっしょに遊ぼうぜ!

 

すべての遊楽者たちへ!