すべての遊楽者たちへ

未知なる「眠っているお宝」を見つけるトレジャーハンターのブログ!

世の中には水戸黄門の「うっかり八兵衛」のように、ひょうきんな「癒しキャラ」がいなきゃ困る理由

f:id:yugakusya00X:20170527184933j:plain

トレジャーハンター貴継(たかつぐ)です〜!

っよ

 

最近思う...

 

もし世の中に、優秀な人しかいないのだとしたら...

 

 

みんな、自分がなるべく「デキる人」でありたいと

思うモンですよねぇだいたいの場合

仕事、勉強、恋愛、家庭....

「デキる人」であれば、世の中でそれなりに自由に振る舞える...

「デキる人」であれば、人から褒められる...

逆に

「デキない人」は不自由さを感じて生きていくことになる

「デキない人」は人から軽蔑される

 

だったら「デキる」側の人間でありたいと思うのはごく自然なことだよねぇ

 

でもさ、みんながみんな「デキる人」を目指すとさ、

こんなことが起きると思うんだよね、

っていうかもうなってるよおお!

 

自分以外の誰かを敵にして蹴落とし続けなきゃいけなくなる

「デキる」人として見なされるためには、

誰か他の人と比べる必要が出てくる

 

他の人より自分は「デキる」のか「デキない」のか

優れているのか、劣っているのか...

 

自分がなるべく人より優れていたいと思うと、

無意識に

身近にいる自分以外の誰かを自分よりも下に

置こうとする意識が働いてしまう

 

自分が見下されないように、自分が「デキる」優秀な人であると

認められるようにするためには、

他の人を蹴落とそうとするようになる

見下そうとするようになる

 

こういうのを、なんていうんだっけな、

.....

あっ、そう

マウンティング

っていうんだっけな!

 

意味はこうだ!

以下、weblio辞書からの引用

相手乗りかかる・のしかかかる行為を意味する語。動物交尾のため背後から乗りかかる体勢、あるいは、サルゴリラなどの霊長類自分優位顕示するため相手乗りかかる体勢などを指すことが多い。

霊長類自己顕示行為としてのマウンティングは相手オスかメスかに関係なく行われる転じて人付き合いの中で何事につけて相手それとなく貶め自分優位に立とうとする行為性向をマウンティングと呼ぶことがある

 

f:id:yugakusya00X:20170527191933j:plain

....

 

 

人付き合いの中で何事につけても相手をそれとなく貶め、自分が優位に立とうとする行為や性向をマウンティングと呼ぶことがある。 

 

.....

 

もしかしたら、今の世の中どこを見ても、

隙あらば、このマウンティングをするような社会になってない!?

 

よりよい容姿よりよい年収よりよい学歴ガー....

 

メンドクサッwww(草)

 

それを追ってちゃあいつまでたってもハッピーにはなれねぇぜ

 

最近でも、

メルカリで大学の学位記入れが売られてるのは笑ったwww

news.careerconnection.jp

 

不幸のスパイラルに入っちまうねこりゃ....

 

だけど、コレが多くの人の需要に合ってるっていうんだから、

本当に疲れる世の中だぇ

 

水戸黄門に学ぶひょうきんな「癒しキャラ」の必要性

みなさんは

時代劇水戸黄門

をご存知だろうか?

f:id:yugakusya00X:20170527185129j:plain

f:id:yugakusya00X:20170527185213j:plain

www.tbs.co.jp

昔だったら、誰もが知っている人気ドラマだったけども、

最近では見たことがないという人も

割といるんじゃないだろうか?

 

このドラマは、江戸時代の水戸藩主 

徳川光圀が全国を旅して、世直しのために、

悪どいことをしている連中を懲らしめるお話だ

 

主役の光圀公は旅をする仲間として

身を守るための護衛として、「助さん」、「格さん」という

メッチャ強い家臣をボディーガードとして連れている

他にも、忍者で優れた情報収集活動をしてしかも

メッチャ強い風車の弥七

忍者で入浴シーンで有名なエロくてしかも

メッチャ強いかげろうお銀

 うん、みんな優秀みんな

メッチャ強い

優秀なヤツらだらけなんだ!

そんな中、もう一人、この黄門様のご一行には

メンバーがいる...

その名は、

うっかり八兵衛

f:id:yugakusya00X:20170527185509j:plain

こいつは、

元々はただの町人...

戦えないから

メッチャ弱い

弱いっていうか最初から戦うことを想定していない

盗賊見習いだった時もあるが...

 

コイツは基本的にお調子者

軽率な発言をよくする

その後の反省で

「こいつはうっかりだ」

とよく口にするから

うっかり八兵衛と呼ばれる

 

上に書いたメンバーと比べたら

全く役に立たなそうで、

なぜこの優秀なメンツぞろいの一行の中に存在しているのか

子どもの頃は謎だったね

だけど、今は分かるんだ

 

優秀な人間しかいない空間では、

常に緊張感を持たないといけなくなる

 

ほどよい緊張感、ストレスは、人間の成長にとっては必要なことだ

だけど、それが365日24時間続くとしたら...

それでは心も身体も持たなくなるよね

 

何事についても優秀であることはいいことだと思う

だけど、そこにいるすべての人がそうだと

張りつめた緊張感はどうしても発生してしまう

たとえ、その人たちがお互いに優劣を競ったりしなくても...だ

 

そんな中に、ひょうきんでお間抜けで、

明らかに場違い感のあるヤツがいると....

癒されるんだよね

ぜんぜん他のメンバーと違って、

なにかの役に立っているワケじゃないんだけど、

ソイツがいるだけで、

その場にゆるい、和む空気ができる

 

八兵衛のいない御隠居様の御一行を想像してみたら....

 

すごいヤツらしかいない集団だけど、

和むシーンを演出するヤツいなくね?

 

シリアスな場面しかない作品になっちゃいそう...

ご隠居様がボケ担当になるか...?

 

 

いたらない人を受け入れることによって、自分の気持ちにも余裕が生まれる

八兵衛のようなひょうきんもの、間抜けなヤツは

ポジティブに言い換えれば「癒しキャラ」になる

 

「癒しキャラ」はだいたいの場合、

テキパキしていない

なにかの能力が高い訳でもない

だけども、その「いたらなさ」や「ゆるさ」が

楽しく生きるためには、どんな人にも求められることだと思う

 

優秀であろうとすることにはエネルギーが必要だからね

どうしても疲れは出てしまう

「〜ができていなきゃいけない!」

「〜ができない自分はダメなヤツだ!」

ドンドン自分を追いつめてしまう

ストレスがMAXになる!

そうすると、

かえって仕事の効率が悪くなる!

 

みなさん思い当たるところはあるんじゃないでしょうか?

 

「いたらない」「しっかりしていない」

そんな人を認められるということは、

自分の気持ちにも余裕をつくりだせるということ

 自分自身の弱さを認められるということにつながる

 

頑張っている人や優秀な人でも

よりよく、生きるためには

必ず休む時間、ゆるく生きる時間が必要になる

「癒し」の時間が必要になる

 

その癒しを体現した八兵衛のような人が世の中にいないと

どこで自分を休めたり、ゆるめたりすればいいのか

それを測る

物差しがなくなるから

分からなくなってしまう

そして、

みんなが限度を決めずに頑張りすぎてしまう

 

「癒しキャラ」を単に

無能なヤツ、いらないヤツとして排除してしまったら、

殺伐とした遊びのない環境にしかならないよ?

 

八兵衛マジ必要だぜ?

f:id:yugakusya00X:20170528080248j:plain

 

 

ってことで自分

八兵衛になりますわ!

今日はこれまで!

 

いっしょに遊ぼうぜ!

 

すべての遊楽者たちへ!