すべての遊楽者たちへ

未知なる「眠っているお宝」を見つけるトレジャーハンターのブログ!

検証! 土地や場所を持たないままで物々交換コミュニティはつくれるのか? 「メルカリ アッテ」を使って実験してみる

どーも貴継(たかつぐ)です!

f:id:yugakusya00X:20170506172323j:plain

 

先月、コミュニティアプリ「メルカリ アッテ

www.mercariatte.com

 

を使って

こんなコミュニティをつくってみたが...

f:id:yugakusya00X:20170423112515p:plain

 

 

f:id:yugakusya00X:20170423112521p:plain

f:id:yugakusya00X:20170423112545p:plain

f:id:yugakusya00X:20170423112549p:plain

......

 

ああああああ!

 

人が集まらねえええええええええええ!!!

 

や、そりゃそうか

だってメッチャ怪しいもん(汗)

何してるのかよく分からないヤツが呼びかけても

参加しようとする側の人から見ると、詐欺なのかもしれないワケで

はっきり言ってまったく信用がない

 

これをただネット上で紹介するだけじゃ人はうかつには近づけないのだ!!!

 

どうすりゃいいのか!?

もっとネットで宣伝してみるか!?

FacebookTwitter アッテで....

たしかにそれも大切だろう!

だが、

それよりもさらに必要なことがある

現実の場所で人と「実際に会う」ということだ!

 

とにかく外に出て、人と出会って営業しにいくぜ!

 

土地や場所を持たないままで物々交換はできるのか実験してみる

この物々交換 では人と実際に会って直接交換するが、

その交換をする空間について、今のところ、決められた場所は設定していません

 

それぞれの人がモノを交換したい時に、

そのたびに、場所を決めていただければいいと思っていたので

 

しかあし!

 

モノとモノとの交換を実際に会ってするということは、

とてもめんどくさいことであるのも事実!

どこで交換すればいいのか分からないよね

場所決めがとても大変だ!

公園!? 路上!? 家!?

どこで???

 

うん、めんどくせぇ!!!

 

だけど、やってみなくちゃ分からない!!!

 

店舗などの、決められた交換場所を持たなくても

継続的に物々交換をするコミュニティがつくれるのか、

実験してみますぜ!

 

実際に人に会って、

物々交換コミュニティづくりの宣伝をするための資料(パンフレット)

をつくったぜ!

これを人に会いに行って渡しにいくぜ!

 


 

以下、掲載しておきます 全3ページ

 

1ページ目:

コミュニティアプリ「メルカリ アッテ」で物々交換コミュニティをつくったぜ!

 

俺っちは、ブロガー・ライター・トレジャーハンターの貴継(たかつぐ)です!

 

今回、コミュニティアプリ「メルカリ アッテ」で

物々交換コミュニティをつくりました。

 

目的!:お金をかけないで、自分の使いたいモノを使えるようにしたい     

    

協力してモノの交換をすれば、お金を使わずに自分の使いたいモノ、ほしいモノが

手に入るぜ!

f:id:yugakusya00X:20170405181135p:plain

 

非常に簡単な図だけども、こんな風に

お互いの持っているものを交換します

相手にモノを「あげる」だけじゃなくて、

期間限定でお互いの持ち物を「レンタル」することもできるようにしましょう!

必要な時にだけ、お互いの今、「使いたいモノ」や「使っていないモノ」を

レンタルしあえば、自分の持ち物をあげることなく、使いたいときにだけ、必要なモノが

使えるようになります。

 

 

 

2ページ目:

方法!:「メルカリ アッテ」の福岡市にあるコミュニティに、こちらのつくった

    コミュニティがあります。

そこで、次に書いてある方法でモノの交換やレンタルを 

    し合っていきましょう!

 

1.    自分の持ち物と相手の持ち物を交換する方法

 

この方法では、1ページ目の図だと、自分の釣り竿と相手の自転車を交換して

「あげる」ことになります。

なので、一度交換すると、もらったモノの持ち主は自分になり、あげたモノの

持ち主は相手になります。

 

 

2.    持っているモノを期間限定でレンタルしあう方法

 

この方法では、1ページ目の図だと、自分の持っている釣り竿を使っておらず、

他人に貸し出せるときに、必要としている人に貸し出す(レンタルさせる)

逆に、自分が自転車を持っておらず、使いたいときで、相手が持っている自転車を貸し出せるときに、貸してもらう(レンタルする)ことになります。

この場合は、自分と相手が同時に持ち物を貸し出すことは少なく、大体の場合では、

どちらか一方が、貸し出し(レンタル)を希望することになるでしょう。

  ここで、自分が提案するのは、「レンタルを希望する人は、貸す側の人に返礼として、自分の持っているモノを差し出す」、というものです。タダで貸し出してもうらのではなく、貸す側の人にも利益が出るようにしましょう。

 

アッテのコミュニティでの交流方法:

・自分の欲しいモノ、借りたいモノをコメントにして送信する

・自分の交換したり、貸し出せる持ち物を画像付きでアップして送信する

欲しいモノや借りたいモノがある人は、コミュニティーメンバーのアップした画像を見て、

必要なものが見つかったら、それを持っている人と関わって、交換やレンタルの取引をする。 実際に交換やレンタルをする場所は、それぞれの人たちで決めてください!

 

ブログ「すべての遊楽者たちへ」

Blog URL : yugakusya.hatenablog.com

Twitter URL : twitter.com/yugakusyaX

Email: boomkun0328@gmail.com

 

 

 

3ページ目:

f:id:yugakusya00X:20170423112515p:plain

 

 

 


 

 

文字だけではうまく伝わりづらいと思う

手渡しした時に、分かりやすく説明します!

 

何事も挑戦!

やってみなくちゃ分からない!

やったるぜ!

 

 それでは今日はこれまで !

 

いっしょに遊ぼうぜ!

 

すべての遊楽者たちへ!